福岡県福岡市の採用・雇用手続き、退職手続き。労働保険・社会保険の手続き、届け出をサポート。採用・雇用、退職手続きは福岡市の行政書士・社会保険労務士にお任せください。
採用・雇用、退職手続支援室
 行政書士・社会保険労務士平塚事務所の総合ホームページ  行政書士・社労士平塚のブログ  

お問い合わせ・お申し込み   お問い合わせは無料です。  電話:092(737)8830

事務所での面談相談のお申し込み  30分:3000円     事務所までの地図

無料メール相談    回答の返信は48時間以内が目安です。

トップページお問い合わせ・お申し込みご依頼メリット料金について事務所案内提携の専門家 |

採用・雇用手続き

ハローワークへの求人申し込み

採用する時のポイント

明示すべき労働条件

入社時の提出書類


入社後の整備する書類
・会社で整備するべき書類・規定

 
労働保険への加入
・労災保険 
・雇用保険

社会保険への加入
・健康保険
・厚生年金保険

退職手続き
 
退職するときのポイント

書類等の返却・受取
・退職時に返却するもの
・退職時に受け取るもの


 
労働保険の資格の喪失
・雇用保険の手続き

社会保険の資格の喪失
・健康保険、厚生年金保険の手続き

退職後の社会保険の手続き
・退職後の健康保険の選択肢

住民税の手続き

業務の流れ
 
当事務所のサービス内容

業務の流れ


ご準備いただくもの
 
ご準備いただくもの

依頼するメリット
   
当事務所に依頼するメリット

提携している専門家
 
提携している専門家

料金について
 
料金について

お問い合わせ・お申し込み
 
お問い合わせ・お申し込み

事務所での面談相談

無料メール相談


行政書士・社会保険労務士平塚事務所について
 
平塚事務所の総合ホームページ


(行政書士業務)

会社設立

建設業許可申請

公正証書作成

離婚協議書作成

示談書・合意書作成

遺産相続手続き

遺言書作成

内容証明書作成

(社労士業務)


労働保険・社会保険手続き、届け出

採用・退職サポート

給与計算

就業規則作成・変更

労使協定作成


事務所案内

平塚事務所のサイトマップ

特定商取引法に基づく表示
 ・免責事項・プライバシー

<社会保険への加入>

社会保険とは】

一般の従業員が加入する社会保険には、「健康保険」「介護保険」「厚生年金」の3つがあります。

健康保険とは、ケガや病気、出産、死亡に対する保障制度です。
厚生年金とは、老後の生活、障害、死亡に対する保障制度です。
介護保険とは、高齢者の介護サービスや介護支援を保障するための制度です

なお、上記の「労働者災害補償保険(労災保険)」と「雇用保険」、「健康保険」「介護保険」「厚生年金」を広い意味での「社会保険」という場合もあります。

「保険者とは」

労働保険と社会保険を運営する組織を保険者といいます。

「被保険者とは」

労働保険や労働保険に加入して保険料を納め、条件に応じて保険給付を受けられる人を被保険者といいます。

【加入要件】

「健康保険・厚生年金」

健康保険・厚生年金とも、原則として常用の従業員全員が加入対象です。
役員(代表者含む)も、原則として被保険者になります。

(法
律で健康保険及び厚生年金保険の加入が義務づけられている事業所)
(1)
法人事業所で常時従業員(事業主のみの場合を含む)を使用するもの
(2)常時5人以上の従業員が働いている事務所、工場、商店等の個人事務所
ただし、5人以上の個人事業所であってもサービス業の一部(クリーニング業、飲食店、ビル清掃業等)や農業、漁業等は、その限りではありません。


パートやアルバイト、契約社員などは、
1日又は1週間の所定労働時間が、同じ業務の従業員のおおむね4分の3以上、かつ
1ヵ月の所定労働日数が、同じ業務の従業員のおおむね4分の3以上
上記に該当する場合には加入対象です。

「介護保険」
従業員が40歳以上65歳未満なら介護保険に加入し、健康保険料とともに介護保険料を徴収して納めます。

【任意加入について】

「健康保険および厚生年
金」
健康保険及び厚生年金の
加入が法律で義務づけられている事業所以外の事業所であっても、次の要件を満たした場合は、健康保険及び厚生年金に加入することができます

(任意加入の要件)
従業員の半数以上が健康保険及び厚生年金の適用事業所となることに同意し、事業主が申請して厚生労働大臣の認可を受けた場合

【社会保険の適用手続】

会社を設立した場合、健康保険・厚生年金に加入する必要があります。
従業員がいない、役員だけの会社であっても健康保険・厚生年金には加入しなければなりません。

「社会保険」
加入手続きは「事業所ごと」
社会保険は、会社ごとではなく事業所ごとに加入します。本社の他、複数の支店や営業所がある場合には、原則としてそれぞれが加入手続きを行います。

届け出書類 

・健康保険 厚生年金保険 新規適用届

・健康保険 厚生年金保険 被保険者資格取得届

・健康保険 厚生年金保険 保険料口座振替納付(変更)申出書

・健康保険 被扶養者(異動)届 
被扶養家族がいる場合 

提出期限 : 会社設立の日から5日以内

提出先 : 年金事務所

添付書類 

・登記事項証明書  

・賃貸借契約書の写し(事務所を借りている場合)


社会保険手続後には、
年金事務所から「適用通知書」、加入者ごとに「被保険者資格取得確認及び標準報酬決定通知書」・「健康保険被保険者証」が交付されます。

【従業員の採用について】

従業員が入社したら、社会保険(健康保険、厚生年金保険)加入手続きを行う必要があります。

(健康保険・厚生年金)
原則として、常用の従業員すべてが加入対象です。
会社の代表者や役員も、原則として被保険者になります。


「パート・アルバイト・契約社員」
下記の①②のどちらにも該当する場合には加入対象となります
1日または1週間の所定労働時間が、同じ業務の従業員のおおむね4分の3以上
1ヵ月の所定労働日数が、同じ業務の従業員のおおむね4分の3以上


(短時間労働者の扱いについて 平成28年10月より)
特定事業所
で働く短時間労働者は、労働時間・労働日数が常用の従業員の4分の3未満でも社会保険の対象となる。

特定事業所とは、常時500人超の従業員(短時間労働者を除く厚生年金の被保険者)がいる事業所。

短時間労働者とは、以下の①②③④に該当する人。
①週の所定労働時間が20時間以上
②雇用期間が1年以上の見込み
③賃金月額8万8000円以上
④学生ではない


(介護保険)
従業員が40歳以上65歳未満なら介護保険に加入し、健康保険料とともに介護保険料を納める必要があります。



「社会保険に加入できない従業員」
1日ごとに雇われ、その期間が1ヵ月超えない従業員
2カ月以内の契約期間で働く従業員
4か月以内の季節的業務で働く従業員
6か月以内の臨時的な事業で働く従業員

①②は、その期間を超えて引き続き働く場合、その超えた日から加入する
③④は、この期間を超えて働く予定なら当初から加入する



【健康保険・厚生年金 加入の手続き】

届け出書類 
・健康保険 厚生年金保険 被保険者資格取得届
・健康保険 被保険者(異動)届
・国民年金第3号被保険者資格取得届(20歳以上60歳未満の配偶者なら)

提出期限 : 入社した日から5日以内

提出先 : 年金事務所

添付書類 : 特になし  

被保険者資格取得届には、基礎年金番号を記入する必要がありますので、従業員から年金手帳を提出してもらう必要があります。



無料相談、お問い合わせ・お申込みはお電話や下記のフォームからお願い致します。

電話:092(737)8830   事務所までの地図

お問い合わせ・お申し込み   お問い合わせは無料です。 

事務所での面談相談のお申し込み  30分:3000円

無料メール相談    回答の返信は48時間以内が目安です。


お問い合わせ先
〒810-0073
福岡市中央区舞鶴1丁目4番1号ハイザックビル706号  
TEL:092(737)8830  FAX:092(737)8890
メール info@hiratsuka-office.com
営業時間 月~土  10:00~17:00



当事務所運営サイト 行政書士・社会保険労務士平塚事務所の総合ホームページ

【会社・ビジネス】
○株式会社設立 ○合同会社設立 ○定款変更・議事録作成

○事業資金調達 ○事業計画書作成 ○労働保険・社会保険の手続き、届け出

○従業員採用・雇用、退職手続き  ○就業規則・その他の個別規則の作成・変更

○労使協定作成サポート  ○給与計算業務
  ○助成金申請サポート


【許認可】
○建設業許可 

【遺産相続・遺言】
○遺産相続手続  ○公正証書遺言作成 ○自筆(手書き)遺言書作成

○遺言執行手続きサポート ○相続財産目録作成 ○戸籍謄本取寄

【公正証書・離婚】
○公正証書作成  ○離婚協議書作成   

【示談・内容証明書】
○示談書・合意書・和解契約書作成  ○内容証明書作成


 〒810-0073
行政書士平塚事務所
代表 平塚桂太(ひらつかけいた)
営業時間:10時~17時<月~土曜日>日、祝日休み
電話:092-737-8830 FAX:092-737-8890
福岡県行政書士会所属
行政書士登録番号:第06400693号
E-mail:info@hiratsuka-office.com
CopyRight(C)2016行政書士平塚事務所 All Right Reserved